FAへっぽこ的ブログ(仮)MS06-FC2

主にプラモやら稀に育児の話なんかを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タマには仕事の事とか書いてみようかな?とか。

そんな事したら愚痴だらけになるだろ!!

ですよねー。じゃボカして書くよー(書くんかい

えー、「色」に携わる仕事をしています。
ソレ用の資格も持ってたり持ってなかったり。

よし、じゃ色の話をしましょう。
えーとね、先ず色を表す方法として、もちろん色の名前を用いて貰っても全く問題無いんですが、
流石に無限にある色の中で「じゃぁミドリ」って言われても、どのミドリじゃい、ってなるのがオチ。
そこでアバウトでもどんな色味かを示すための表示方法が所謂「マンセル値」、
マンセル表色系ですね。
この表記法が優秀で、色の要素を色相、明度、彩度の3つに分けて、
それぞれをアルファベットや数値で表すわけです。
例えば 2.5Y9/1  と表記があったとします。
色的にはごく一般的なアイボリーです。
最初の2.5Yが色相。Yはそのままイエローの頭文字です。
2.5は色相環という表に於けるイエローの部分の黄色具合を示します。
9は明度。つまり白いか黒いか。10が真っ白1が真っ黒。
1は彩度鮮やかさを示します。数値は濁ってる<冴えてるで14段階

ところがですね。
このマンセル値、実際にある色を色差計って機械で測ると数値化してくれるんですが、
逆にマンセル値だけを以ってして色を合わせることは出来んのですよ。
つまりこの値ってのは絶対値ではなく、色を指し示す際の指標であったり、
実際にある色同士をどれくらい違いがあるのかを確かめられる程度の物なのです。

まぁ実際にはそのマンセル値自体も商業会や工業会などの努力によって
ある程度色出しがされて見本帳として流通しているので、対応できなくは無いですが、
限界があって、例えば明度や彩度を小数点で細かく区切って指定してくる所とかがあるんですよね。
コレはデザイナーのセンセイが絡んでる物件に顕著ですが。


こっから明らかに愚痴
あのな、だからマンセル値で色発注するなと。
もうね、絵の具セット一式あげるから、好きな色を調色して紙に塗って持って来いと。
塗料ってのはな、実際にある色ならほぼ再現出来んだよ。
そのくせやたら鮮やかな色発注しておいて「鉛使用不可」とか言うなっつの。
「臭素混入不可」とか言うなっつの。
鉛とか臭素とか、もちろん人体に有害なのは解ってるって。
しかしアンタ求めたんは環境配慮より色再現だろうに?
そりゃバカ高い顔料使えば鉛問題も解決できるけど、
高々数㎡塗るのに塗料代で何万も出さんだろが。
安くて性能の良い塗料?そんなモンあったら既存の駆逐されとるわ。

・・・・・・スマン、取り乱した。
こんな事が日常茶飯事。

僕(達)は色(塗料)に携わる仕事を生業としていて、それに特化した知識を集積して成り立っています。
デザイナーのセンセイとか、カラーコーディネイターのセンセイとかは色の相性とか、
色のバランスとか、そういった物にはビンカンでらっしゃいますが、
もうちょっと、その、アレです、勉強してください、と。

ためしに マンセル値 で検索して見てください。色々勉強になりますよん。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/16(金) 19:01:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ぬちマース | ホーム | はじめてのうんどうかい>>

コメント

ほお?途中ナニが書いてあるのか解らんがウチら製造業でも
似た感じの話があったよ。
ある製品にプラのビーズが付いたチェックピンを使っておったんじゃが
お客さんから「ROHS対応の製品にしてくれ」との要請があり
全ての部品をROHS対応品に変えたんじゃ。

そしたら「なぜコレの色が変わった?」と。
そりゃカドミウム使わん様にしたからじゃ。
アンタがそーゆー仕様で作れ言うたからじゃ。
「オレンジと黄色の区別がつかん様になったぞ!」
と言われましても・・・・。

逆の話もあるけどナー。
「最終OEMの承認が降りんから前の仕様で作れ」、とか?
いや、もうそんな部品おまへんて。
あってもバカ高くて信用出来ない流通在庫しかあらへんて。
わざわざ時流に逆らう様な事せんといてーな。

あらあら?わしも愚痴ですな。
歳をとるといけませんなあ。
  1. URL |
  2. 2009/10/19(月) 18:05:32 |
  3. ヨッシ~ #-
  4. [ 編集]

じゃ、5Y7/8 7部ツヤで。
7部ツヤと半ツヤを見分けられる人がおらんけどなw

うち、面倒だから客先に調合させて購入してる。
ちと高いけど塗装やり直しよりマシだわ。
てか、色見本と実際の製品の大きさが違うとなんか違ってみえない?

それよりさ・・・磨いたらツヤ出ちゃった(笑)
夕方納品して誤魔k(略
  1. URL |
  2. 2009/10/20(火) 21:55:52 |
  3. ペータ #-
  4. [ 編集]

つまり、

ガイアカラーの原色セットで調合しろ

ということですね!よしジョーシン行ってくる!
  1. URL |
  2. 2009/10/22(木) 12:17:34 |
  3. てんぐどー #-
  4. [ 編集]

うむ。
皆々様も色々とある様で?

○ムシキングさん
RoHSキタコレ!
ホントね、もうMSDSやらPRTRやらPFOSやら何か最近規制の嵐ですな。
輸出仕様とかになると殊更酷い。とくにEU方面。
米国とアジアはその辺まだまだ緩いっすねぇ。まぁこの先は判らんですが。
そのくせ輸入では毒の入ったギョーザやら、骨髄の入った牛肉やらを輸入してんだから、
ホント我が国は嘗められてんだろうなぁ、とか。
>愚痴
ね、仕方ないっすよね?(誰に聞いてんだ

○ぺヤング
ムキー!工業製品の癖に黄色いなオイ!>5Y7/8
ツヤもね、そうなのよ。悩み所。指定無ければツヤ有りじゃんな?
だのに、だのに・・・(どうした
>色見本と実際の製品の大きさが
ソレはアレだ。錯覚。
建築塗装の場面では良くある事なんですが、
大判の色見本(A4サイズくらい)ですら壁面に塗っちゃうと薄くなって見えるのな。
ソレはまぁ空気遠近法とかそんな感じのアレが原因だったりする訳で、
色や塗料に罪は無く、むしろソレを見る、或いは見て文句付ける方が如何ともし難い訳で。
>磨いたらツヤ出ちゃった
アタリマエー(笑
何だって磨けば光るもんです。

○てんぐどーさん
>ガイアカラーの原色セット
純色シリーズっすね。
マジな話、アレ、割とイイっすよ。
赤がマゼンタで青がシアンだけど。インクかっつの。
バイオレットが使えるのは強いと思います。
あと、実のところイエローはミスターカラーの方がイイです。あからさまに鉛入ってますが。
  1. URL |
  2. 2009/10/23(金) 19:15:25 |
  3. 屁 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fahpk.blog69.fc2.com/tb.php/296-9c12c6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FAへっぽこ

Author:FAへっぽこ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。